×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

わきがは、脇の下から出る汗から発酵臭が生じ、それによって人に不快感を与えてしまうものです。

わきがの人は脇汗の量が多いばかりか、多汗症の場合が多いため、脇だけに限らず、耳、首、頭、背中、股下などからも不快な発酵臭が生じる場合があります。
これらの場所は、皮脂やたんぱく質、アンモニアなどを多く含んだベタベタした汗が出るアポクリン腺が集中しているため、皮膚の常在菌が繁殖しやすく、不快な発酵臭いが生じやすい場所です。



わきがについて

 

わきがは正式には腋臭症(えきしゅうしょう)と言い、脇の下から強い臭いを放つ症状を言います。

 

汗を分泌する汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の二種類の分泌腺があります。

 

エクリン腺は、体温を調整する役割があるため、気温が暑い時やスポーツをした時などに発汗が起こります。

 

エクリン腺から出る汗は、約99%が水分で、約1%が塩分であるため、サラサラとしており、臭いはほとんどありません。

 

アポクリン腺は、脇の下や陰部周辺、乳輪や外耳道など、体の決まった場所にしかありません。

 

アポクリン腺から出る汗は、たんぱく質や糖分、皮脂やアンモニア、鉄分などが多く含まれており、粘り気がありベタベタしている特徴があります。

 

そのため、皮膚常在菌などの細菌の栄養分も多く含まれているため、細菌が繁殖しやすいため、細菌の代謝物である強い発酵臭が生じやすくなります。

 

このような強い臭いが、わきがの原因となります。

 

わきがは、自分ではなかなか気が付きにくく、知らない間に他人に迷惑をかけてしまう事もあります。

 

特に女性はわきがの臭いに悩みがあると、対人関係で消極的になったり、コンプレックスを感じてしまう場合が多いと言われています。


女性のためのわきが専用デオドラント【ラポマイン】

わきがの原因は、遺伝的な要素も大きいと言われています。
そのため、両親がわきがの場合には、その子供もわきがになる可能性が高いと言われています。
また、食事や生活習慣が関係して生じる場合もあります。
特に肉食が中心で、脂分の摂取量が多い欧米人は、わきが体質の割合が非常に多いと言われています。