×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

わきがは、脇の下から出る汗から発酵臭が生じ、それによって人に不快感を与えてしまうものです。

わきがの人は脇汗の量が多いばかりか、多汗症の場合が多いため、脇だけに限らず、耳、首、頭、背中、股下などからも不快な発酵臭が生じる場合があります。
これらの場所は、皮脂やたんぱく質、アンモニアなどを多く含んだベタベタした汗が出るアポクリン腺が集中しているため、皮膚の常在菌が繁殖しやすく、不快な発酵臭いが生じやすい場所です。



わきがの予防

 

わきがの予防には、脇の下を常に清潔に保つ事が大切です。

 

脇の下は、汗をかいたままでいると、汗に含まれる皮脂やたんぱく質などの栄養分から、皮膚常在菌などの雑菌が繁殖しやすくなり、わきが臭の原因になります。

 

特に汗をよくかく夏場の時期やスポーツの後などは、シャワーを浴びるだけでも、わきが臭を抑える効果があると言われています。

 

また、消毒液や制汗スプレーを時々使用して、悪臭の原因菌を繁殖させないように心がける事も、わきがの予防につながります。

 

皮膚常在菌などの雑菌の繁殖を抑えるには、わき毛をこまめに剃る事も、臭いを抑える効果があると考えられています。

 

もともと日本人は、わきが体質の人は非常に少なかったのですが、食生活の欧米化が進むにつれ、わきがで悩む人が増えてきていると言われています。

 

肉類や動物性脂肪の多い食事は、皮脂が多く分泌しやすくなり、体臭の原因になります。

 

また、アルコールや香辛料なども体臭の原因になりますので、それらを控えめにする事も、体臭やわきが臭を抑える効果があると言われています。


女性のためのわきが専用デオドラント【ラポマイン】

わきがの原因は、遺伝的な要素も大きいと言われています。
そのため、両親がわきがの場合には、その子供もわきがになる可能性が高いと言われています。
また、食事や生活習慣が関係して生じる場合もあります。
特に肉食が中心で、脂分の摂取量が多い欧米人は、わきが体質の割合が非常に多いと言われています。